飛蚊症は病気なのでしょうか?

目の前に糸くずのようなものが見えることを飛蚊症と言いますが、実はそれは正確ではありません。実際にごみのようなものが見えても、飛蚊症ではない場合もありますし、ほかの病気の症状として飛蚊症が出ていることもあるのです。

 

飛蚊症自体は心配することはないのですが、あなたの症状が心配する必要のないものかどうかは検査をしてみなければわかりません。飛蚊症の原因は硝子体の中にある浮遊物の影です。目をカメラに例えてみるとわかりやすいです。

 

カメラのフィルムに相当するのが網膜です。網膜の前には硝子体があります。これはカメラのボディです。光はボディを通ってフィルムに画像を写すのです。写真にごみが移るのはどのような時でしょうか?ボディにほこりが付いていればそれが写ります。

 

それが硝子体の中の浮遊物です。それ以外にフィルム自体に問題がある場合です。網膜やそこから脳へつながる神経に異常がある場合も同じように飛蚊症となるのです。したがって、自分の症状が安心できるタイプなのかどうかをはっきりさせなければなりません。

 

眼の病気であれば重大なものが多くなります。つまり、失明してしまうのです。早期発見で早期治療をすれば、失明することはありません。しかし、放置しているとどんどん悪くなっていくのです。眼の病気の場合はほとんど痛みを感じません。

 

そのために多くの人が軽く考えてしまうのです。飛蚊症をインターネットで調べてみると、生理的飛蚊症は心配ないと書かれています。しかし、自分の症状が生理的飛蚊症と決めつけるのは危険なのです。

 

飛蚊症改善有名サイトのご紹介

飛蚊症改善プログラム

飛蚊症
詳細はこちら

生理的飛蚊症

飛蚊症とは眼の中に糸くずや蚊が飛んでいるように見えることです。病気というほどではありません。誰でもが程度の差こそあれ感じているものです。多くの人が近視ですから、飛蚊症になっている人は多いと言われています。

 

時には糖尿病などが原因で飛蚊症になることもあります。しかし、大半は加齢によるものですから、原因を取り除くことはできません。飛蚊症の原因となっているのは硝子体の濁りです。硝子体は曇りのない透明なものであることが理想です。

 

しかし、いつの間にか水分と線維が分離してしまいます。そして飛蚊症となるのです。このような飛蚊症は生理的飛蚊症と呼ばれています。眼科で診察を受けても、治療の方法がないいと言われるものです。あなたは飛蚊症ですか?

 

自分が飛蚊症であることはすぐにわかります。白いものを見て、そこに糸くずなどが見えるならば飛蚊症ということです。特別な原因がなくて、飛蚊症になるケースを生理的飛蚊症と呼んでいるようです。人間として避けられない症状ということでしょうか?

 

目の病気としては緑内障や白内障など視力に直接影響するものもありますが、飛蚊症は日常生活に支障がありませんから、病気と考える必要はないのです。目の前を蚊が飛んでいるという感覚はその症状がない人にはちょっと理解しにくいかもしれません。

 

誰にでもあると思えば気にもなりませんね。気にしたところで対策はないのです。眼の老化を防ぐためにブルーベリーやルティンがいいと言われていますね。それらをサプリメントとして服用することもよいでしょう。