自分で簡単に出来る視力回復トレーニングって?

視力回復トレーニングという言葉を皆さんはご存知でしょうか?メガネやコンタクトレンズで、ご自身の視力を矯正されている方はたくさんいらっしゃると思います。もし、自分の視力を回復することが出来る方法があれば、試してみたいと思いますか?

 

視力回復トレーニングとは、その名の通り、視力を回復するためのトレーニングなのです。この視力回復トレーニングは、アメリカの眼科医が考案した方法です。目の周辺の筋肉や神経を鍛えることで、低下してしまった機能を少しずつ復活させ、悪くなってしまった視力を取り戻します。自分で簡単に出来る視力回復トレーニングがあるので、いくつか紹介したいと思います。

 

まずは、簡単に目の筋肉を意識するような運動から、眼球トレーニングを行ってみましょう。目の筋肉を鍛えることを意識しながら、目を上下左右に動かしたり、斜めや目をぐるっと回転させたりするだけです。

 

最初のうちは、何も焦点がなく難しいようであれば、自分の人差し指を使ってその人差し指を追うようにして目を動かしてもいいです。この運動を行うことで、目周辺の血行を促進させ、衰えてしまった筋肉を鍛えることが出来ます。

 

遠近トレーニングという方法もあります。これもとても簡単で、自分の目の前にえんぴつやボールペンを差し出し、見つめて下さい。数秒見つめた後、出来るだけ遠くにある建物や木などを見るようにします。ボールペンと建物を交互に見る感じです。これは、毛様体筋と水晶体を動かすための運動です。

 

このように、視力回復トレーニングとは、視力低下=目の機能の低下と考えられていて、この低下してしまった目の機能を元に戻すことで視力を回復させるという物なのです。

 

視力回復トレーニング有名サイトのご紹介(大人用)

徳永式1.5視力回復プログラム アイサプリ 川村博士の視力回復法

徳永式1.5視力回復プログラム
詳細はこちら

視力回復&脳活性プログラム「アイアップ!」
詳細はこちら

視力回復3ミニッツ 自宅でできる視力回復法
詳細はこちら

 

視力回復トレーニング有名サイトのご紹介(子供用)

1日たったの13分 子供のためのゲームソフト 驚異の視力回復法

1日たったの13分
詳細はこちら

子供のためのゲームソフト
詳細はこちら

視力回復トレーニング1

視力回復する方法の中で、道具も使用せず、手術のように眼球にレーザーを使用したり、メスをいれることもなく、100%安全に視力回復出来る方法というと、これしかありません。それは、「トレーニング」です。眼球をトレーニング法に従って運動させることで視力を少しずつ回復してゆこうとするものです。この方法は、ずいぶん昔からありますが、近視のかたでしたら、聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

それなのに何故、もっと噂にならないのか・・・視力回復の画期的な方法として世の中に広まって来ないのか・・・そのような疑問を抱くかたも多いでしょう。それは、この視力回復のためのトレーニングによって、かなりの視力を取り戻すためには、非常に長い時間がかかるからなのです。

 

ほんの少しずつの回復を長い間、積み重ねることで、徐々に回復してゆきますが、速度が遅いために毎日のトレーニングが面倒になってくるかたも多いわけですね。こんなに毎日努力しても、まだほんの少ししか視力回復していない・・・それなら、もういっそやめてしまおう!とか、レーシックで一気に視力を回復させよう!と思ってしまっても不思議ではないですよね。

 

ですから、本当に根気のあるかたでないと続かないということを、初めに知っておいていただきたいと思います。そして、何事にもコツコツとした努力を積み重ねてゆくタイプのかたが、この方法には適していると思います。また、この方法で視力回復しようとするかたは、以前にお話していた視力を低下させる悪い習慣は一切断ち切らなくてはいけません。

 

ただでさえ、回復のスピードが遅いのですから、視力低下させる行為も同時に行っていたのでは、いつまでたっても回復が見込めないからです。

 

 

視力回復トレーニング2

引き続き、本日も視力回復の方法としてトレーニングについてお話させていただきます。トレーニングというのは、視力を回復したいわけですから当然ですが眼球のトレーニングです。

 

たとえば、例を挙げるとするならば、さまざまな図を見ながら、出来るだけ早く眼球を動かすというトレーニングや、遠くのものを見たり近くのものを見たりすることを繰り返すトレーニングなどを行います。そんなことで視力回復出来るのかとお思いかもしれませんが、毎日続けることで、本当に良くなってゆくのですね。

 

最初は目が疲れるかたが多いでしょうが、これは身体の運動と同じで、毎日少しずつ繰り返しているうちに疲れもなくなってきます。そうして視力回復のトレーニングを続けていますと、視力が徐々に回復してくるのですが、それだけでなくちょっとしたオマケの効果も一緒についてきます。

 

ひとつは、動体視力も格段にアップすること。もうひとつは、目がよく動くようになりますので、視野がとても広くなること。さらには、目が疲れにくくなること。これらは、他の方法では得ることの出来ない特典でもあります。時々、眼を使いすぎるとかえって眼が悪くなるとおっしゃるかたもいるようですが、それはまったく根拠のないものです。

 

眼の筋肉も、身体の筋肉と同じように、トレーニングすることで回復したり、若返ったりしてゆくものなのです。トレーニングという地道な方法によって視力回復が可能になるということは、まさしくそれを物語っているでしょう。

 

 

視力回復トレーニング3

ご自身が近視だということが発覚して間もないかたは、メガネやコンタクトレンズをすることさえショックなことと思います。もちろん中には、メガネをかけられることを喜ぶかたもいらっしゃるようですが・・・。一般的にはショックが大きいでしょう。ですから、なんとかして早いうちに視力回復できないものか・・・と方法を探します。

 

そして、割とすぐにトレーニングという方法に行きつきます。実際のところ、トレーニングによって大幅に視力回復されるかたというのは、近視になってすでに何年も経ってしまっているかたよりも、発覚して間もないかたのほうです。やはり、視力の悪さが定着していない分、あまり時間がかからずに視力回復しやすいのでしょう。

 

近視になるのは、若い年代であることが多いですから、それだけ眼そのものや周囲の筋肉も弾力性がありますし、復活しやすいと考えられます。ですが、近視になって何年も経過したかたでも、もう駄目ということはありません。何よりも大切なのは、視力回復するまで継続しようという強い意志です。

 

しかしながら、これを持ち合わせているかたは、あまり多くありません。それで、ひとつの提案なのですが、ご自身で視力回復のトレーニング本などを購入して行っても長続きしないというかたは、「視力回復センター」のようにトレーニングで視力回復を促してくれる施設に通ってみるのも良いと思います。

 

もちろんお金がかかります。ですが、視力回復してしまえば、そのくらいは気にならないでしょう。一人で行うとつい怠けがちになってしまうトレーニングも、施設に通って大勢の仲間とともに行うのならば、やる気が出るように思います。