疲れ目記事一覧

疲れというのは様々な形で表面化するものですが、目にあらわれる場合もあります。疲れ目を自覚するようになると、多くの人は眼精疲労とすぐに結び付けるといわれています。実際のところ、疲れ目と眼精疲労というのは、同様の意味を成すとして認識されている節があります。しかしながら、この疲れ目と眼精疲労というのは違う...

とりわけ疲れ目から生じる病気には何があるのか、把握しておくと良いでしょう。ひとつは、調節不全という疲れ目からくる病気を挙げることができます。調節不全に陥ると、上手く目のピントを合わせることができなくなり、本などを読むのが困難になるとか、読み書きをしたあとなかなか遠くに焦点を合わせることができなくなる...

体にはたくさんのツボがありますが、疲れ目に効果的なツボもあるのです。暇を見つけてツボを指圧するようにすれば、疲れ目の症状が軽くなったり、事前に防ぐこともできます。はじめに、「睛明(せいめい)」と名前のついたツボで、目頭のやや内側になります。目頭の内側周辺を手でなぞってみると、鼻の頭の近くがくぼんでい...

疲れ目を解消するためには冷やしたり温めたりするのが良い、というのを見聞きしたことがある人は多いでしょう。では実際にどのようにして冷やしたり温めたりするのかというと、冷・温パックをする方法を挙げることができます。やり方を解説していきますので、今日からでもさっそく取り入れて、疲れ目を取るのに役立てましょ...

疲れ目を解消するための方法はいろいろとありますが、蒸しタオルを活用したやり方というのもあるのです。蒸しタオルを使用して疲れ目を取る方法は、科学的にも根拠があるものとして注目されています。効果のほどに関しては、40℃くらいの1本の蒸しタオルを3分間に渡り用いるより、40℃くらいの5本の蒸しタオルを続け...

疲れ目が気になる人は、疲れを改善するのに役立つ体操を実践してみてはいかがでしょうか?ここでは3種類の目の対応のやり方を紹介していきますので、疲れ目が気になり出したときにやってみましょう。まずは、目を上下左右に動かす対応のやり方からです。これは非常に簡単で、一度目を強く閉じてからパッと開けたら、あとは...

疲れ目を取るのに効果的な方法は様々なものが存在しますが、マッサージを取り入れるというのもまた、疲れ目に良い作用をもたらしてくれるといわれています。疲れ目に有効なマッサージとして多くの人に行われているのは、疲れ目を取るツボを押す方法です。やり方を解説していきますので、今日からでもチョットした時間に実践...

老眼というのは、40歳を超えたあたりから出るとされていますが、パソコンや携帯電話をはじめとする通信機器の普及や、夜間でも目に負担をかけるような生活環境の移り変わりなどにより、30代でも老眼に気を付けなくてはいけないこともあります。仮に老眼を引き起こしたとすると、近くの対象が見にくくなりますから、読書...

疲れ目からくる症状としては、頭痛を挙げることができます。長時間に渡りパソコンの作業をしたり、読書をしたりしていると、頭が痛いと感じる人は少なくありません。また、一口に頭痛といっても、二日酔いなどをはじめとする生体反応としての頭痛や、症候性頭痛、慢性頭痛などいろいろと存在します。たくさんある頭痛のうち...

疲れ目と関わりの深い栄養素というのがあります。それはビタミンなのですが、必要量を摂取することにより、いろいろな効果を受けることができます。疲労を感じているときは食欲がわかないという人もいるかもしれませんが、食事をしっかり摂ることにより疲れ目をとり、同時に体の疲れもとるようにしましょう。ビタミンのうち...

疲れ目と関わりの深い栄養素というのは様々ありますが、知る人ぞ知る栄養素というのがあります。既にご存知の人もいるかもしれないですが、それはルテインという栄養素です。このルテインという栄養素は眼球内にもあり、水晶体や網膜の酸化を防止する、非常に大切な働きをしているのです。また、眼病に分類される緑内障、白...

疲れ目に繋がりのある、特に良いとされている食品を紹介します。ブルーベリーは、特有の青紫色のところに備わる色素のアントシアニンが目に良いといわれています。私たちの網膜に存在するロドブシンは、光を脳に伝達するためのフィルムに該当するところにあるので、消費が毎日行われて徐々に少なくなります。アントシアニン...

疲れ目を感じると、目薬を使用することで対処しているという人は多いでしょう。しかし、いま使っている目薬は果たして本当に疲れ目に効果を発揮してくれているでしょうか?何もかんがえることなく、適当に目にとまったものを購入してはいないでしょうか?きちんと疲れ目に作用してくれる目薬を選んでいない場合には、何の意...

たかが疲れ目と軽視していると、とんでもない事態を招いてしまうことがあります。そのため、疲れ目と自分で解釈するような症状だとしても、ひどい場合や長期化するようでしたら、眼科医に相談する必要があるでしょう。似たような症状であっても、別の病気に罹っているという可能性もあるからです。そのため、専門医に診ても...

疲れ目を上手く取るには、相応の休み方をする必要があります。自分に合うメガネなどを身に着けて、姿勢や明るさに注意しても、数時間に渡り作業に集中しているのは好ましくありません。仮に作業を3時間する場合でも、継続的に3時間の作業を行うときと、1時間ごとに10分間の小休止を挟むときとでは、疲れ目具合にかなり...

疲れ目は、目に過度の負担をかけることにより起こると認識されていますが、実際にはこの他に睡眠不足や精神的なトラブルも絡んでいるのです。疲れ目に悩まされていても仕事などを休むわけにはいかないため、目の体操をしたり、ツボ押しをしたり、作業に休憩を挟んだりなど、個々にいろいろなケアをしているでしょう。もちろ...

乱視を引き起こしていると、目の奥の網膜に視線の先のものがぼけた状態で映し出されます。なお、どの程度ぼけて見えるのかというのは、乱視度数の大小により異なります。ぼけた画像は視神経を通じて脳に伝達されますが、ぼけ方が小さい場合は脳で鮮明な画像に直されます。そのため、一定のレベルの乱視でしたら、特に矯正を...

疲れ目を解消するのに役立つ方法としては、整体を挙げることができます。整体の施術により疲れ目を取るには、頸椎の周りに行うことが多いといわれています。現状で疲れ目に悩まされている人は、目薬を使用するなど個々に対処しているでしょうが、ひどい症状を解消するのは難しいかもしれません。悪化した疲れ目というのは、...

疲れ目をケアする方法は様々ですが、漢方を取り入れるのもひとつの選択肢といえます。まず入手のしかたですが、医師や専門薬局による処方薬だけでなく、ドラッグストアなどにおいても市販薬が販売されています。処方薬と市販薬を比較すると、処方薬のほうが成分を多く含んでいるといわれています。次に飲み方についてですが...

いろいろなサプリメントが販売されていますが、疲れ目に用いられているものもけっこうな種類があります。ここでは、対策をしたいトラブルに応じたサプリメントを紹介していきますので、購入する際の参考として役立ててみてください。目の周囲の筋肉疲労を感じているという場合には、ビタミンB群やアスタキサンチンなどのサ...